歴史

繊維学部同窓会・一般社団法人千曲会史

年号(西暦)  
明治11年(1878) 横浜と同時に上田に蚕糸取引所が開設された。
40年(1907) 長野県立甲種蚕業学校長三吉米熊と長野県主席視学与良熊太郎が長野県知事大山綱昌の命により学校誘致開始。日露戦争の戦費40億円(現在価40兆円)で国家財政は破産状態であった。このため上田町8万円、小県郡7万円、長野県25万円計40万円(現在価40億円)の寄付を申し出た。当時、上田の年間予算は32,000円の時代だった。
年号(西暦) 近代史・科学史 学部史・同窓会・千曲会史
明治43年(1910) 韓国併合条約締結 上田蚕糸専門学校設立
大正4年(1915) 特殊相対性理論 千曲会の前身となる「上田蚕糸専門学校同窓会」誕生。
8年(1919) 上田市制施行。人口3万 皇太子(後の昭和天皇)ヒマラヤ杉お手植え。
昭和4年(1929)   講堂竣工。第3回代議員会で同窓会名を千曲会とする。
10年(1935) 中間子理論(湯川秀樹) 25周年記念。同窓生寄付により旧千曲会館峻工。
14年(1939) 第2次世界大戦〜1945 繊維化学科の新設の為、同窓会は期成同盟会を作り猛運動を展開。
15年(1940) 日独伊三国軍事同盟 日本で最初の繊維化学科が設置された。紀元2600年、創立30周年記念祭挙行。千曲会の社団法人認可。
19年(1944) 東條内閣総辞職。 上田繊維専門学校と改称。戦局により千曲会報は36号で廃刊。
22年(1947) 教育基本法、学校教育法公布。6・3・3・4制。 千曲会有志により繊維科学研究会を立上げ、これが繊維科学研究所となり、後に繊維科学振興会となった。
23年(1948) くみこみ理論(朝永振一郎) 単科大学昇格を目指し7万人の署名を集め文部省、GHQ、国会に千曲会の代表には学生が良いということになり学生(西澤秀夫等)が文部省とGHQに届けた。
24年(1949) 中華人民共和国成立。湯川秀樹がノーベル賞 単科大学として認可ならず信州大学繊維学部となった。創立40周年記念として大学昇格期成同盟会は1000余万円を以て大学本館建設。
35年(1960) 60年安保騒動世情騒然 千曲会では上田繊維科学振興会を設立(300万円)。
37年(1962) 東京農工大学から繊維学部がなくなる。 1月26日明治43年建築の繊維学部本館消失。緊急総会により母校火災復興金募集開始。学部改新期成同盟会は寄付金8000万円を集めた。
38年(1963) ケネディ大統領暗殺。 上田繊維科学振興会が財団法人認可される。
44年(1969) 人類初月面着陸。 西澤権一郎県知事、羽田代議士を加え千曲会による蚕糸教育統合反対運動。文部省案を潰した。こういう千曲会の実力を文部省は認めていた。それが機能高分子学科誘致の時の交渉力となった。
53年(1978)   我が国初の機能高分子学科新設・校舎建設。
54年(1979) スリーマイル島原発事故。 共通一次試験開始~1989。国立大学で最も不人気学部の報道。
55年(1980)   母校創立70周年。同窓生寄付により新千曲会館竣工。
平成3年(1991) 日本学術会議が繊維学教育の必要性提言 我が国唯一の繊維学系大学院(博士)設置。
10年(1998) 長野冬季オリンピック開催。 (財)上田繊維科学振興会と連携してTLO(Technology Licensing Organization)の支援開始。
12年(2000)   長野県と上田市の要請で、(財)上田繊維科学振興会を母体とし上田地域産学官連携協議会(AREC)を設立。
14年(2002) 小柴昌俊がノーベル物理学賞、田中耕一がノーベル化学賞 21世紀COEプログラム(先進ファイバー工学研究教育拠点)に採択される。 この変化と活躍ぶりは、繊維学部開設依頼、最も輝いている時代であり、学部の努力と同窓会の支援の賜物と北條理事長の挨拶
15年(2003) アメリカのイラク侵攻。 第13代学部長八森章。㈱信州TLO設立。
16年(2004)   国立大学法人信州大学へ移行(独立行政法人)。信州大学SVBL発足。COE先進ファイバー工学拠点の中間評価が最高ランクAを得た。
17年(2005) 京都工芸繊維大学から繊維学部が消えた。  
22年(2010) 惑星探査機はやぶさ帰還 繊維学部100周年記念事業挙行。
25年(2013)   千曲会は、一般社団法人千曲会となる。リーディング大学院採択。