活動交流

信州大学国際シンポジウムのご案内

信州大学先鋭領域融合研究群 国際ファイバー工学研究所では、体に装着するだけで心拍や血圧、血糖値などの「バイタルサイン」を測定可能とするデバイス開発を行う「ウェアラブルバイタルサイン測定システム開発プロジェクト」の研究成果を国内外に広く発表するため、国際シンポジウムを開催します。
超高齢社会を迎えた日本では、健康管理やスポーツ、医療等の現場において、心拍数や血圧、血糖値を常時測定し、健康維持や疾病の早期発見に役立てるための取り組みが進められています。本研究プロジェクトでは、国内外の研究者や光ファイバーのテクノロジーを結集し、体の表面に装着するだけで心拍数や血圧、血糖値といった「バイタルサイン」を測定できるシステム、デバイス、およびそれらの要素技術開発を行っています。今回のシンポジウムでは、これまでプロジェクトに参画・協力頂いている国内外の研究者等をお招きし、研究成果の最新報告を行うセッションと基調講演を実施します。これにより、装着型デバイス等の研究成果、グローバルな研究開発動向について共有するとともに、現在生じている問題の解決に向けた議論を行います。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
日 時:2019年3月1日(金)10:00~17:15(参加無料)、18:00~20:00懇親会(会費制)
会 場:上田東急REIホテル(長野県上田市天神4丁目24−1)3階「信濃」
参加申し込み:参加登録フォーム(→こちら)よりお願いします 締切 2/20
問い合わせ: 信州大学 国際ファイバー工学研究所
TEL:0268-21-5572 E-mail: ifes_jimu@shinshu-u.ac.jp
 
<基調講演>
 講 師 : Hwa-Yaw Tam 教授 (香港理工大学)
演 題 : FGB inscription for medical devices. -its bright future based on the international cooperation-
 
 講 師 : Arsen K. Melikov 教授 (デンマーク工科大学)
演 題 : Identification of human body physiological response to bed micro-environment
 
 講 師 : 早瀬 敏幸 教授 (東北大学)
演 題 : Ultrasonic-measurement-integrated flow analysis for elucidation of FBG vital sign sensing
※公演は全て英語となります。同時通訳はありません。
第80回定期総会が開催されました
小泉勝夫氏著作寄贈
信州大学国際シンポジウムのご案内
千曲会報316号発送作業
第79回一般社団法人千曲会定期総会が開催されました。
広告欄申し込みについて
千曲会報・千曲会ホームページに広告(リクルート、製品広告など)を募集しております。
ご希望の方は、こちらからお問合せください。申込資料を送らせていただきます。

広告資料請求